2014年07月29日

メリーモナークフラフェスティバルWハート

いよいよ、本番の日。

この日は朝から本番の準備。
本番は、午後8:30ころから。ですが午後5:00頃には会場入りします
それも、ほぼお化粧もヘアーも準備万端で。
その後、会場でレイやレイポーを付けます。クムの、アンティたちがすべてつけてくださいます

DSC_0435.JPG本番直前

本番直前に、一部分動きに変更が!舞台ウラでみんなで必死に練習しました。
アメリカのメンバーも名古屋も東京も秋田も。みんな一丸となって。って言葉通りでしたね。このときの一体感。言葉もなかなか伝わらないけど、なぜか一つの目標に向かって、一体になれた気がしました。

私たちの前には、ハワイ島の有名ハーラウ「ハーラウオケクヒ」の本番がありました。
リハは見れたのにですが、本番は控室にいるので、みることができませんでした。
ただ会場の雰囲気と音は聞こえてきました。
すっごい臨場感!リハの時に見た感動が見てないのに、よみがえりました

いよいよ本番。衣装も完璧。あとは、踊りだけ
さあ、ステージ入場袖で待機!そのごクムのオリが始まり、チャンターさんが入場

さ〜いよいよ、私たちも入場です。
DSC_0444.JPGステージから見た客席の風景(終わってからの撮影なので、お客様はいません)本番はもっとお客様いましたよ〜

あの、夢にまで見たステージに足を踏み入れます。後ろのセンターから全員が上がります。
クムのオリが終わり、私たちの「Oli Aloha」全員の声が、会場に響きました。
カヒコをおどってる間、何がなんだか覚えてません。とりあえず、クムに言われた注意事項を忠実に守ろうと必死でした。(できてたかどうかは別として・・・(^O^))

気が付いたら、控室!で2曲後にはアウアナです。なので、控室は戦場状態!
大事に、レイやレイポーを持って帰りたいのですが、そんな悠長なことは言ってられません。
全部ハサミで切断して、つぎのドレスを着て、レイ着けて あとは頭の花をつけるだけ。
自分ではつけられないので、クムのアンティたちにつけてもらいます。
一つのお花を1本づつのピンでとめてもらい、アウアナのスタンバイに入ったころには、前のチームがもうホイ(退場の曲)にはいってるころでした。
着替えたメンバーもですが、待っていたほかのメンバーもほんとにハラハラドキドキした時間でした。
DSC_0440.JPGアウアナの衣装

で、アウアナ本番。
通常なら、立ち位置に立ってから音がでるはずだったのに、私は先頭で、私がランプ(スロープ)に足を踏み入れたときに、すでに音が鳴り始めて・・・・
ぎゃ〜〜〜〜と心の中で叫び!
とりあえず、先頭なので、じたばたしてはいけない!と反対側から出るメンバーと、目で合図をして、すぐに遅れないように踊り始めました。

見てた観客は、解らなかったようですが、内心これほど緊張したことはないほどの緊張ぶりでした。

で、あっという間にアウアナも過ぎていき、エンディングに舞台上で残る3人のうちの一人だったので、これもまた緊張!!!。3人が息をぴったりと合わせてエンディング。
なんとか、そろってたようです。

そのまま、あっと!あっと!言う間に、イリマの持ち時間も過ぎ、エンディングは全員でイリマのハラウソング「Ka pua Ka Ilima」を踊り。
DSC_0443.JPG出演者で、撮影
DSC_0446.JPGクム入場

いまから思えば、夢だったような気がします。
しかし、ビデオも写真も残ってます。しっかりとあの舞台で踊ってる姿が写ってます。
夢ではなかったのですね。
DSC_0447.JPGその夜、みんなで、ワイン飲みながら、お昼に買ってたワッフルやロコモコで、かんぱーい!

ほんとに、あっという間の4日間でした。特に今日の日は、こんなに長くて短い日は一生のうちにもう二度と経験はできないと思います。
一生に一度、本当に素晴らしい体験ができて、これにかかわった、クム、日本のイリマの先生、東京秋田名古屋のフラシスに、応援に来てくれたアイランドビューティーズにみんなに、ほんとにほんとにほんとに感謝してます。

Mahalo Nui Loa












posted by ATSUKO TANAKA at 23:14| Comment(0) | フラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。